脱毛

医療脱毛とは

Point.01 エステ脱毛との違い 

脱毛イメージ

医療機関でのみ行うことができるレーザー脱毛が医療脱毛で、エステで行う光照射よりもパワーが強く脱毛効果が高いのが特徴で永久脱毛も可能です。
医療レーザーの施術時は、医師もしくは医師の指示を受けた看護師が行うため、何か皮膚トラブルが起こっても迅速に医師に対応してもらえるというメリットがあります。

Point.02 熱破壊式のレーザー脱毛

脱毛イメージ

レーザー脱毛には、大きく分けて熱破壊式と蓄熱式があります。熱破壊式のレーザーは毛根の組織(毛母細胞、毛乳頭)を破壊していきます。高出力のレーザーを単発照射するため、施術時は肌をゴムで弾かれているような感覚があります。パワーが強い分、5~8回程度の施術(期間にして1~2年ほど)で、脱毛の効果を実感できるようになります。
当院では、厚生労働省に承認された熱破壊式の脱毛器であるCynosure社製のElite iQを導入しております。

Elite(エリート)の歴史

世界で初めてAlexandriteレーザー(755nm)とNd: YAGレーザー(1064nm)の2波長システムを搭載したアメリカにあるサイノシュア社のエリートシリーズ。その2020年発売の最新機種がエリートiQです。

脱毛イメージ

Elite iQ(エリートiQ)の特徴

脱毛イメージ
①2波長搭載のさまざまなスキンタイプに対応した医療レーザー脱毛装置 

Elite iQにはさまざまなスキンタイプに合わせた2種類の波長が搭載されています。
レーザー脱毛のゴールドスタンダードであるAlexandriteレーザー(755nm)は、高いメラニン吸収率により、毛包での高いエネルギー発生があり、色白な明るいスキンタイプの方や、薄く細い毛に最適です。 
また、Nd: YAGレーザー(1064nm)は、深達性の高い波長により深くまでエネルギーを伝達でき、低いメラニン吸収率のため、色黒なスキンタイプの方に最適です。

脱毛イメージ
②冷却力の高い装置と、メラニンリーダーが付属

従来の医療レーザー脱毛では、施術時の痛みが強いことがネックでした。
併用する冷却装置「クライオ6」は、持続的な冷風で肌の冷却するため、疼痛を軽減することができます。
また、フルエンスに応じて流量レベルを調整できるため、施術部位ごとの調節が可能です。
なお、Skintel®リーダーで、皮膚のメラニン含有量を客観的に測定ができるため、治療部位に合わせた設定や日焼けの考慮をすることが可能になりました。

脱毛イメージ
③短時間で、痛みの少ない治療が可能 

従来のレーザー脱毛は痛みが強く、施術時間の長い治療が当たり前でしたが、Elite iQであれば、従来のものより痛みの少なく、短時間で施術をお受けいただけます。
局所麻酔を使用すれば、施術中はお痛みを軽減できます。

施術の流れ

①診察、カウンセリング
施術前に、医師がお肌の状態を診察して、施術範囲や回数、併用療法などの治療プランを決めていきます。
具体的には、治療内容・アフターケアの方法・治療費・治療スケジュールなどの詳細を決めていきます。
②洗顔・クレンジング
メイクをしている場合はクレンジングでしっかりとメイクを落とします。素顔の場合も、洗顔して皮脂や汚れなどを落とした清潔な状態にします。
③照射
テスト照射を行い、肌の反応を確認します。痛みによって、併用する冷却装置の風量を適宜調整します。(痛みが強い場合には別途麻酔クリームのご用意もございます。)
④終了
施術部位にお薬を塗布する場合があります。
お化粧は施術直後から可能です。
当日は入浴・サウナ・飲酒・激しい運動などは避けていただき、十分な保湿に努めてください。当日のシャワー浴については可能です。

施術時間

施術に要する時間は約30~120分程度です。
カウンセリングの内容・施術内容・麻酔の有無などによって時間が変わります。
脱毛希望部位は、前日に剃毛をしてご来院ください。

ご来院の目安

毛周期に合わせて4~8週ごとの治療をお勧めします。
ご来院していただく回数は施術部位の毛質や肌質で変わってきます。

治療後の経過(ダウンタイム)

治療直後は軽度な赤みや浮腫が起こる可能性があります。赤みは2~5日は続くことがあります。当日メイクをしていただくことは可能ですが、入浴・サウナ・飲酒・激しい運動は控えてください。
脱毛期間中は日光暴露を避け、十分な保湿を行い、肌の摩擦は避けるようにお過ごしください。

禁忌

  • 皮膚悪性腫瘍、前癌病変、またはその疑いがある方
  • 755nmまたは1064nmの波長域の光に過敏な、又は光線過敏症のある方
  • 単純ヘルペスウイルス1型又は2型の活動性病変を有する方
  • 開放創、感染状態にある皮膚
  • 刺青やアートメイクを入れた皮膚
  • 形成異常母斑、色素性病変の疑いのある部位
  • 光線過敏症を誘発する医薬品(テトラサイクリンなど)を服用している患者
  • 抗凝固剤を服用している患者
  • 創傷治癒反応を変化させる薬を服用している患者
  • ケロイド又は肥厚性瘢痕の既往のある患者
  • 施術部位に金属糸または金属プレート等を入れている方
  • アルコール依存症、薬物依存症などの精神神経疾患の方
  • 妊娠している方
  • 乳幼児

※肝斑部分に照射しますと肝斑が濃くなる可能性がございます。
詳細につきましては医師にお尋ね下さい。

副作用

  • 毛嚢炎
  • 水疱
  • 痂皮
  • 膿疱
  • 熱傷
  • 色素沈着
  • 紅斑
  • 浮腫
  • 瘢痕
  • 増毛化・硬毛化

上記症状が見られた場合は、速やかにご相談下さい。

料金

女性

顔+全身セット(VIOあり)

1回のみ 70,000円(税込77,000円)
→6回コース 298,000円(税込327,800円)

顔+全身セット(VIOなし)

1回のみ 60,000円(税込66,000円)
→6回コース 249,800円(税込274,780円)

VIOセット

1回のみ 25,000円(税込27,500円)
→6回コース 79,800円(税込87,780円)

男性

顔全体

1回 15,000円 (税込16,500円)
→6回コース 72,000円 (税込79,200円)

顔+首セット

1回 22,500円 (税込24,750円)
→6回コース 90,000円 (税込99,000円)

全身セット(顔+VIO除く)

1回 90,000円 (税込99,000円)
→6回コース 300,000円 (税込330,000円)

VIOセット 

1回 37,500円 (税込41,250円)
→6回コース 150,000円 (税込165,000円)

料金表はこちら

しみ・くすみ

しみ・くすみイメージ

しみとは、皮膚の中に、メラニンが蓄積され地肌の色よりも濃く見える部位のことを指します。しみは大きく分けて以下の5種類があります。

  • 老人性色素斑
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 肝斑
  • 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
  • 炎症後色素沈着

「くすみ」とは肌の赤みが減少して黄みが増え、ハリ、ツヤ、明るさ、透明感が低下することによって、肌がくすんで見える状態を指します。
原因としては、血行不良、紫外線の影響、メラニンの沈着、肌の新陳代謝の乱れなどが考えられています。
ターンオーバーがスムーズにいかず、古い角質などが肌に残ってしまうと、角層が肥厚し、透明感が落ちてしまいます。

治療メニュー

しわ・たるみ

注射イメージ

「しわ」のできる原因は、紫外線による光老化や肌の乾燥、加齢、生活習慣の乱れです。
皮膚を構築している真皮の線維成分のコラーゲンや弾力のある線維のエラスチン、水分を引きつけるヒアルロン酸が紫外線により破壊されたり、加齢や生活習慣の乱れによって減少したりする事で肌の弾力や潤いが失われ、皮膚は滑らかさや柔軟性を失います。 

すると今までは、表情を作った時に肌が折りたたまれる事でできたシワは、弾力によってすぐに戻っていたのに、それらを失う事で折りたたまれた跡が消えずに繰り返すことで刻まれた「しわ」として定着してしまいます。

「たるみ」もやはり、紫外線や加齢により皮膚を構築している真皮の線維成分のコラーゲンや弾力のある線維のエラスチンがダメージを受け、ハリを失うところから始まります。
皮膚は、表皮・真皮・皮下脂肪組織の3層からなり、その下に筋肉と骨の順に存在しています。
加齢と共に、骨の萎縮や筋肉の減少、脂肪の下垂などと共に皮膚と筋肉を繋いでいる支持靱帯の緩みから、重力に皮膚が逆らえずに支えきれなくなってたるみとしてあらわれてきます。

治療メニュー

ほくろ・いぼ

  • ほくろ・いぼイメージ
  • ほくろ・いぼイメージ

ほくろ・いぼの治療には切開ラインを残さないCO2レーザーでの治療が仕上がりもきれいでお勧めです。当院では厚生労働省承認機器であるエッジワンを採用しております。

適応症状:こんな悩みに効果的

脂漏性角化症、老人性疣贅(いぼ) 母斑細胞母斑(ほくろ)
アクロコルドン(首の水イボ) 稗粒腫、汗管腫(目の下のプツプツ)
感染性陥入爪 魚の目
尖形コンジローマ ミリウム
アクティブなざ瘡の排膿

CO2レーザーの有用性

  • 治療の痛み、出血、腫れが少ない治療が可能
  • 周辺組織の熱変性が非常に少なく、低侵襲な治療が可能

CO2レーザーとは

CO2レーザーは、CO2=炭酸ガスを使用した遠赤外線を原理とした光を発する気体のレーザーです。
CO2は水に吸収されやすい特徴があり、皮膚には水分が多く含まれているため、いぼ・ほくろなどにレーザーを照射すると、細胞の内側の水分に反応して熱エネルギーが発生します。この熱エネルギーによっていぼやほくろを瞬間的にみるみる気化蒸散させて取り除くことができるのが特徴です。熱影響が限局的なので、周辺の正常部位への影響も少なく抑えられます。局所麻酔を行えば痛みもほとんど感じませんし、出血や施術後の痛みもほとんどありません。

Edge ONEとは

Edge ONEは最新式のCO2レーザーで、従来のCO2レーザーと比べて圧倒的に照射時の痛みが少なく、治療後のダウンタイムが少ないのが特徴です。メスや電気メスを使用する治療と比べて短時間に行うことができ、照射後の出血もほぼないのが特徴です。局所麻酔を使用すれば、施術中はお痛みもありません。仕上がりもきれいですので安心して治療を受けていただけます。照射の強さをコントロールできるため、患者様のお悩みや皮膚の状態に合わせた幅広い治療が可能です。

施術の流れ

①ドクター診察、カウンセリング
施術前に、担当する医師がお肌の状態を診て、施術範囲や回数、併用療法などの治療プランを決めていきます。治療内容・アフターケアの方法・治療費・治療スケジュールなどの詳細を決めていきます。
②洗顔・クレンジング
メイクや汚れ、皮脂をしっかりと落とします。
③麻酔
基本的には極細針での注射で局所麻酔を行います。痛みを最小限で施術できるようにいたします。痛みに弱い方もご安心下さい。
④照射
麻酔がしっかり効いた後、CO2レーザーの照射を行います。ところによりチリチリと熱い感覚がある場合があります。
⑤終了
施術部位を保護するため、医療用のテープを貼って終了です。
お化粧は施術部位以外は直後よりしていただけます。洗顔・入浴は当日から可能ですが、施術部位をこすらないようにご注意ください。

施術時間

1個あたり約5~10分程度。

来院目安

1回で取れるものが多いですが、色素の深いほくろやウィルス性のいぼなど、状態によっては複数回かかるものもあります。また、治療後1~2週間後の再受診をおすすめしています。

体感

麻酔時にチクッとした痛みがありますが、施術中~施術後はほとんど痛みはありません。麻酔をしない場合は個人差がありますが、痛み、熱感があります。

治療後の経過(ダウンタイム)

施術部位は赤色を呈し、陥没している状態になります。照射後2~3日はまだ赤みがあり、表面が乾いてきます。1~2週間程度で皮膚が再生し上皮化します。その間は、当院で処方するテープを貼っていてください。テープで保護することにより、ほくろの痕は数倍きれいに治ります。小さなイボに関しては、軟膏を処方しますので、数日間塗ってください。
施術部位が上皮化してテープが不要になった後は、日焼け止めをしっかり塗るなど紫外線対策を十分におこなうことをおすすめします。
治療後の赤みや黒ずみは、施術部位の状態によりますが、1~3か月以内に自然に消えます。大きいものでは、半年~稀に1年程度続くこともありますが、徐々に消失しますのでご安心ください。

禁忌

  • 妊娠中の方
  • ケロイド体質の方
  • 日焼け直後、あるいは過度な日焼け状態の方。治療後日焼けする可能性のある方
  • 皮膚炎・皮膚感染症のある方
  • その他医師が施術不可能と判断した方

※美容用の糸や金属板、シリコンプロテーゼが入っている場合には施術が受けられない可能性がございます。カウンセリング時にお申し出ください。
※ボトックス・ヒアルロン酸の注入部位の照射は効果が弱まる可能性がございます。カウンセリング時にお申し出ください。
※肝斑部分に照射しますと肝斑が濃くなる可能性がございます。

詳細につきましては医師にお尋ね下さい。

副作用

痛み、赤み、熱感、色素沈着、色素脱失、毛嚢炎、水疱形成、肝斑の悪化、ケロイドなど

上記の症状が現れた場合はご相談下さい。

料金

ほくろ・いぼ除去 直径1mmあたり
(処置に必要な麻酔、テープ代込み)
4,000円(税込4,400円)

にきび・にきび跡

にきびイメージ

「にきび」は、肌の皮脂が過剰に分泌され、それが毛穴に詰まり、そこにアクネ菌という細菌が繁殖して炎症を起こしたものです。

皮脂が過剰に分泌してしまう原因としては、思春期ではアンドロゲンというホルモンの分泌の増加、思春期以外では、体質的に脂性肌であることや糖質や脂質の摂り過ぎ、ストレスや睡眠不足などによるホルモンバランスの崩れなどが挙げられます。
これらにより、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)のサイクルが乱れることも原因となります。 

にきびでは、初期には毛穴が角質化して硬くなり、カスが溜まって、次第に「面皰(白にきび・黒にきび)から」、「紅色丘疹(赤にきび)」、「膿疱」へと炎症が進んでいきます。

炎症を放置していると、過剰に産出されたメラニンによる色素沈着や、毛穴の外壁(毛嚢壁)の破壊による引きつれのようなものができてしまいます。

これが「にきび跡」です。
にきび跡にはクレーターのように凹んだものや、硬く盛り上がったものなどがあり、皮膚に凹凸ができてしまいます。

治療メニュー 

外用

内服

主に次の作用によってニキビを改善させます。

  1. 皮脂線の退縮により、アクネ菌を減少させる
  2. 細胞を正常化し、毛穴詰まりを予防する
  3. 抗炎症作用により、ニキビの赤みを緩和する

治療期間

4~5ヶ月程度です。

副作用

  • 粘膜や皮膚の乾燥
  • 口唇炎、口角炎
  • ドライアイ
  • 骨・筋肉の痛み
  • うつ傾向
  • 生理不順
  • 催奇形性 ※治療前後1ヶ月は避妊が必要です。安全を期すなら半年程度あけることが望まれます。

など

料金

イソトレチノイン 1ヶ月分19,800円(税込21,780円)

毛穴・肌理

毛穴イメージ

毛穴が開いているように見えてしまう原因には様々なものがあります。
紫外線などにより毛穴部分にメラニンが生成され、毛穴部分が黒ずんで目立ってしまう「黒ずみ毛穴」や、皮脂が溜まって毛穴をふさいだようになってしまう「角栓毛穴」、加齢によって皮膚がたるみ、毛穴が落ち込んで涙型になり目立ってしまう「たるみ毛穴」などが挙げられます。
目立つ毛穴の改善には、その原因によって治療法を選択していくことが重要です。

また、美肌の要素として肌の肌理(キメ)が挙げられます。
キメは肌の老化によって失われてしまいます、肌の老化対策をし、美肌を保つためには、乱れてしまっている皮膚のターンオーバーを正常化すること、皮膚のキメやハリのもととなる、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分を作り出している真皮の線維芽細胞を活性化すること、血管をしなやかな状態に保つこと、などが大切になります。

治療メニュー

フラクショナルレーザー

ピーリング

外用

赤ら顔・毛細血管拡張症

赤ら顔・毛細血管拡張症イメージ

顔の皮膚が赤くなる、いわゆる赤ら顔には、いくつかの原因が考えられています。
そのひとつが毛細血管拡張症です。毛細血管拡張症は、皮膚の毛細血管が拡張し、皮膚表面に血液が滞り、赤く見えます。
顔の皮膚が薄いことも原因の一つと考えられています。
鼻や頬の周辺は、毛細血管が密集しているため、皮膚が薄いと、気温の変化などでわずかに血管が拡張しただけでも、顔に透けて赤く見えてしまいます。

赤ら顔と毛細血管拡張症に対してはレーザー治療が有効です。
赤い色素に反応するレーザーを使用し、赤みの原因となっている毛細血管と色素(ヘモグロビン)を除去します。
それにより、ほかの皮膚と色調を揃えることができます。
当院ではYAGレーザーによる治療を行っております。

施術時間 数分~15分程度(施術範囲により異なります)
施術回数 5回以上(施術範囲により異なります)
施術後の通院 2週間後
ダウンタイム 内出血があった場合は1~2週間
副作用 痛み、赤み、腫れ、内出血(紫斑)、水疱、痂皮、色素沈着など

治療メニュー 

目元

二重埋没

二重埋没法は、糸を上まぶたに通して結び、二重まぶたをつくる施術です。切開手術に比べ腫れや内出血などのリスクが少なく、ダウンタイムも短いというメリットがあります。
当院では極細の糸を点ではなく線状に留めることによって、持続力の長い美しく自然な二重のラインを作ることが出来ます。

合併症

薬剤アレルギー、糸のしこり、腫れ、内出血・白目の内出血、充血、出血、目の渇き、目ヤニ、流涙、角膜刺激症状・角膜損傷、糸の露出、感染

保証期間

3年間(デザインや幅の変更は不可)

料金

二重埋没術198,000円(税込217,800円)

目の下のふくらみ取り

目の下のふくらみ取り(経結膜脱脂術)は下まぶたの裏側を小切開し、飛び出た余分な眼窩脂肪を切除する手術です。

  • 通常の目元
  • 目の下に膨らみがある目元

目の下のクマやたるみ(ふくらみ)の原因は、加齢とともに肌のハリや弾力が低下し、目の下の脂肪(眼窩脂肪)が前に押し出されて起こります。目の下の脂肪を適切な量除去することで、若々しい目元に戻すことができます。
また、目の下の脂肪が生まれつき多い方は、疲労や睡眠不足による血行不良などでも目の下がふくらみやすいので、たるんでいるように見られてしまいます。

合併症

薬剤アレルギー、腫れ、内出血、充血、出血、目の乾き、目ヤニ、流涙、複視、感染、視力低下、再発、くぼみ

料金

目の下のふくらみ取り(経結膜脱脂術)198,000円(税込217,800円)

ピアス

ピアス穴をあけること(ピアッシング)は医療行為であり、衛生面に配慮していないと時として重大な合併症を引き起こすおそれがあります。この行為をご自身やピアスショップで済ましてしまう方も多いですが、医療機関以外の環境では合併症に対する知識と準備が不十分で安全面の対策が万全とは言えないことが多いです。当院では耳たぶから軟骨、へそ、唇、鼻、舌など様々な部位のピアッシングが可能であり、トラブル時にも対応できるノウハウがあります。

合併症

金属アレルギー、腫れ、かゆみ、感染、ケロイド、嚢腫形成

料金

耳たぶ(1箇所)4,800円(税込5,280円)
他部位(1箇所) 18,900円(税込20,790円)
ピアス感染シリコンチューブ治療 1ホール8,000円(税込8,800円)

薄毛

薄毛とは

薄毛イメージ

日本人男性の薄毛の原因のほとんどは男性型脱毛症(AGA)です。
これは、主に男性ホルモンや遺伝が原因で、頭頂部と前頭部の毛髪が抜けてしまう状態のことを指します。

髪の毛には毛周期という、毛の生え変わりのサイクルがあり、成長期(毛が成長して伸びる時期)、退行期(抜け落ちる準備の時期)、休止期(新たな毛が生えるまでの休憩期間)を繰り返しています。周期は男性であれば3~5年で1サイクルと言われています。
AGAの発症のしくみですが、まずアンドロゲンの中のテストステロンが主に5α還元酵素によって還元されると、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)になります。

  • 薄毛1
  • 薄毛2

これが毛包の受容体と結合すると、毛周期(成長期)は次第に短くなっていき、次第に毛包が縮小して前頭部と頭頂部の軟毛化が進み、やがて脱毛してしまいます。

AGAは通常思春期以降から、加齢に伴ってゆっくりと進行していくことが多いですが、個人差があります。
早い方だと20代前半で、その兆候が現れることもあります。その際に適切な対応をしなければ、薄毛が進み、脱毛化するようになります。

ちなみに女性も男性ホルモン(テストステロン)は分泌されているので、AGAと同様の症状がみられるようになります。これを女性型脱毛症(FAGA)と言います。
この場合は頭頂部が広範囲に渡って薄くなるのですが、男性のように毛が抜けるということはありません。また発症時期に関しては男性と異なり、男性ホルモンの影響を受けやすくなる更年期(45~55歳)にみられることが大半です。

当院でのAGA治療

男性

①デュタステリドの内服(テストステロンをDHTに変換させない働きがある成分でフィナステリドの約1.6倍の改善効果)
デュタステリド
デュタステリド0.5mg 1ヶ月分3,980円(税込4,378円)
②ミノキシジルの内服
ミノキシジル
ミノキシジル5mgタブレット 3ヶ月分13,800円(税込15,180円)
③外用育毛剤のミノキシジルローション15%(医療機関でしか処方できない高濃度)
ミノキシジルローション15%
ミノキシジルローション15% 1本9,800円(税込10,780円)
④PRP治療

女性

①パントガールの内服
パントガール
パントガール 3ヶ月分9,800円(税込10,780円)
②ミノキシジルの内服
ミノキシジル5mgタブレット 3ヶ月分13,800円(税込15,180円)
③外用育毛剤のミノキシジルローション2% 
ミノキシジル
ミノキシジルローション2% 1本7,000円(税込7,700円)
④PRP治療

薄毛に対するPRP治療(AHL療法)

脂肪溶解注射イメージ

PRPは男女の薄毛に対して治療効果が望めますが、男性に比べ、これまでミノキシジル以外に有効な治療薬が無かった女性の薄毛に対して、新たな治療の選択肢になると考えられています。

PRPによる薄毛治療にはAHL(Anti Hair Loss)療法と呼ばれるものがあります。
これはPRPの頭皮への注入とミノキシジル外用薬を併用する治療のことで、それぞれ単独の治療よりも効果が高くなるとの報告が海外であります。

治療に当たっては、患者さま一人ひとりの症状に併せて、それぞれの使用方法や頻度を考えていきますので、医師によるカウンセリングを行った上で治療を実施します。

副作用

デュタステリド

消化器症状、肝機能障害、性機能障害、精神症状など

ミノキシジル

内服:頭痛、めまい、動悸、手足のむくみなど
外用:頭皮のかゆみや発疹、かぶれ、ふけが増えるなど

パントガール

重篤な副作用はなし。軽度なものとして、めまい、頭痛、下痢、腹痛、胸やけ、動悸など

痩身

脂肪溶解注射

カベリンイメージ

脂肪溶解注射は脂肪を分解・溶解して、部分的に脂肪を減らすことのできる痩身治療です。ダイエットでは痩せにくいフェイスラインや二重あごなど、部分痩せに効果が期待できます。注射を打つだけの施術のため、切開を伴う痩身術に比べてダウンタイムが少なく、他の人に施術を受けたことがバレにくいのも特徴です。

こんな方におすすめ!

  • 小顔になりたい
  • 部分痩せをしたい
  • すっきりとしたフェイスラインになりたい
  • 二重あごがコンプレックス
  • 脂肪吸引には抵抗がある
  • ダウンタイムの少ない痩身治療を受けたい
  • 施術を受けたことを人に知られたくない
カベリン2イメージ

当院で採用している脂肪溶解注射剤であるカベリンの主成分は、FDA(アメリカ食品医薬品局)より脂肪溶解効果が認められている「デオキシコール酸」です。カベリンは、高濃度にデオキシコール酸が0.5%配合されております。そのため、高い痩身効果を期待できるのです。
さらに、脂肪の代謝を促進する「L-カルニチン酸」や、むくみ解消に効果的な「アーティチョークエキス」が配合されているため、効率よく脂肪の分解や排泄が行われます。

これまで脂肪溶解注射で効果を感じられなかった方にも、おすすめできる脂肪溶解注射です。

デオキシコール酸

脂肪細胞膜を壊し、痩身効果をもたらします。また、細胞自体が壊されるため、再び脂肪を取り込むのを防ぎます。

L-カルニチン酸

アミノ酸の一種であるL-カルニチンは脂肪の代謝促進、分解を促す働きを持っています。脂肪を燃焼するミトコンドリアへと脂肪酸を運び、脂肪酸から効率よくエネルギーを作り出します。このL-カルニチンの働きは他の栄養素では代替できません。不足することで脂肪酸からエネルギーが作り出せず脂肪として蓄積されてしまうため、しっかりと補うことが大切です。

アーティチョークエキス

アーティチョークは食材やハーブティー等でも親しまれており、アーティチョークエキスはむくみ解消、脂肪燃焼促進効果があるためダイエットによく用いられます。また肝機能を強化し、胆汁の分泌を促進させるため脂質代謝を促しコレステロールレベルを正常値に整える働きがあります。

デオキシコール酸は、濃度が高いほど効果が高くなり、その分痛みや腫れが強くなる傾向があります。高い痩身効果を求める方にとっては、高濃度(1%程度)のデオキシコール酸が含まれた脂肪溶解注射はおすすめといえるでしょう。しかし、実際にはできればダウンタイムを抑えたい、痛みや負担の少ない痩身治療を受けたいと思われる方が多いです。カベリンは、脂肪溶解注射における「効果の高さ」と「ダウンタイムの負担軽減」を両立しています。効果をしっかりと感じつつ、痛みや腫れなどのダウンタイムを抑えられるため、比較的お受けいただきやすい脂肪溶解注射といえます。

アーティチョークエキスイメージ

一般的なダイエットでは、脂肪細胞が小さくなることで痩身効果がみられます。しかし、脂肪細胞自体は存在しているため、再び大きくなることでリバウンドしてしまうのです。カベリンによる痩身治療では、脂肪細胞そのものを破壊するため、後戻りの心配がほとんどありません。また、再度脂肪を溜め込むのを防ぐ働きもあるため、リバウンドしにくいのも特徴です。

カベリンの注入可能部位・目安の注入量
副作用

薬剤アレルギー、腫れ・内出血、かゆみ、つっぱり感、感染など

GLP-1受容体作動薬

脂肪溶解注射イメージ

GLP-1受容体作動薬はGLP-1と呼ばれる、もともと体の中にあるホルモンを補う薬です。
糖尿病(2型糖尿病)の治療に用いられ、インスリンの分泌を促すことで血糖値を下げる作用があります。
GLP-1には他にもさまざまな働きがあり、メディカルダイエットのお薬としても注目を集めています。
食事制限によるリバウンドの心配もなく、辛い運動をする必要もないので、定期的に摂取するだけで自然にダイエット効果が得られます。

GLP-1受容体作動薬のダイエット効果は、主に3つあります。

①少量の食事で満腹感をキープする効果

⇒ 胃の運動を遅らせることで、普段よりも少ない食事量で満足できる

②食欲そのものを抑える効果

⇒ 中枢神経に作用して食べ過ぎを予防する

③太りにくい体質へと変える効果

⇒ 食後の血糖値の上昇を抑えることで、体に脂肪を溜め込みにくくする

食事量をコントロールすることで摂取カロリーを抑えられ、自然な食事制限ダイエットが出来ます。
また、空腹感によるストレスも感じることが少なくなるため、ストレスの反動によるリバウンドの可能性を抑えることが可能です。

副作用

低血糖(脱力感、倦怠感、高度の空腹感、冷汗、顔面蒼白、動悸、頭痛、めまい等)、膵炎、腸閉塞、胆嚢炎、胆管炎、胆汁うっ滞性黄疸、胃腸炎、貧血、高脂血症、脱水など

料金

内服

リベルサスイメージ
リベルサス3mg 1ヶ月分9,800円(税込10,780円)
リベルサス7mg 1ヶ月分19,800円(税込21,780円)
リベルサス14mg 1ヶ月分29,800円(税込32,780円)

皮下注射

サクセンダイメージ
サクセンダ18mg 1本(1日0.6mg注射した場合 1ヶ月分)39,800円(税込43,780円)